0721-26-0511

営業時間 9:00〜17:00

0721-26-0513

レベルスイッチのお問い合わせ

フロート式レベルスイッチは、
さまざまな分野で欠かせない
存在となっています。

フロート式レベルスイッチの「フロート」とは、「浮き」を意味します。容器などの中にある液体を正確に検知し、計測するためのセンサが一般的に「フロートスイッチ」と略称で呼ばれています。その仕組みについては、例えば、容器内の液体が増えて液位が基準オーバー(その逆も)になると、装着済みの「レベルスイッチ」が接触(検知)し、警告音の出力や制御装置に働きかけることになります。つまり、重要な制御の一端を担っているわけです。

液体の動きに応じて、しなやかに対応する
「フロート式レベルスイッチ」。

フロート式レベルスイッチの働きは、フロートが液体の動きに伴って上下し、フロート内のマグネットの磁力で本体内部のリードスイッチを「ON」または「OFF」の状態にすることでレベル(液面)を検知することができます。

一般的な使用方法

液体量の検知、電気系統の制御

一般的にはタンク内の液体がなくなる、あるいは満タンになったことを検知し、電気信号によるランプやブザーで知らせる用途のほか、モーターやヒーターの駆動・停止、電源をOFFにするなどの制御システムに多く使用されています。

液面コントロール用として幅広く採用

1点式の他、2点式・3点式などの多点式のものがあり、それぞれ最適な用途別に選択できます。いずれも液面のコントロール用で、具体的には各種のプラント、FMS無人化システム、冷暖房装置、洗浄器、各種医用・医療関係などが挙げられます。

フロート式レベルスイッチの使用例

ファンヒーター

灯油がなくなるとランプ・ブザーで知らせると同時に、燃焼ポンプを止めます。

自動車

ブレーキ液が残り少なくなると、運転席のパネルにランプを点灯させます。

業務用エアコン

天井埋込型のエアコンでは、ドレンがたまるとポンプで強制的に排出させます。

汎用エンジン

屋台や野外で使用する電源の汎用エンジン(発電機)の場合、エンジンオイルが減るとランプを点灯。同時にエンジンを停止させます。

その他

● 温水便座  ● 工作機械(潤滑油)  ● 洗車機  ● スピード写真現像機  ● ディーゼル機器  ● トラック
● バス  ● 機関車  ● 船舶  ● 建設機械 など  ● 農業用機械

リードスイッチの動作原理と構造

本体内部にリードスイッチが挿入されておりフロート内のマグネット磁力によりリード部にN極、S極が誘起され、この磁気吸引力により作動しON状態となります。マグネットが離れると磁界が除かれ、リード片の弾性により復旧することで接点が開き、OFF状態となります。

リードスイッチは、図に示すように2本の強磁性体のリード片がガラス管の中に封入されています。ガラス管の中には接点の活性化(サビ等)を防ぐため、不活性ガス(窒素)が封入されており、 接点部分は、ロジウム等の貴金属メッキで表面処理が施されています。(リードスイッチ単品では接点が離れている)

機種名の説明

基本材質がプラスチック製(本体・フロート等)の製品

基本材質がステンレス等の金属製(本体・フロート等)の製品

機種名例

MFS17-A MFS(基本材質:プラスチック製)、17(型式…開発No.)、A(フロート番号)
MFSシリーズは同じ型式の本体でフロートのみ異なるものが多いため、フロート番号が入ります。同じ形状で材質が異なる場合もあります。
RFS-2 RFS(基本材質:ステンレス製)、2(型式…開発No.)
RFSシリーズの場合もRFS-2でステンレスのフロートを外し「Bフロート」を取付けた場合はRFS-2Bとなります。
PVC-2C 基本的にRFSシリーズと同じ型式の決め方で基本材質がPVC製(塩化ビニール)で設計されたもの。
RFS-12H RFS-11HやRFS-12Hの「H」は、耐熱型(ヒートショック)を表しています。

レベルスイッチの基礎知識を詳しく知りたい!

弊社の「フロート式レベルスイッチの基礎知識」をダウンロード(PDF)していただき製品知識の向上にお役立てください。

カタログダウンロード

PAGE TOP